コノスル



ニュース/コラム

コラム

グレゴリオ・マウレン氏:コノスルの本拠地、サンタ・エリサ葡萄園管理者(2016年4月「ガーディアン」掲載記事訳)

グレゴリオ・マウレン氏:コノスルの本拠地、サンタ・エリサ葡萄園管理者(2016年4月「ガーディアン」掲載記事訳)

葡萄畑管理者のグレゴリオ・マウレン氏が、コノスルがコルチャグアの地に来てから何が変わったのかを語ります。

パトリシオ・コルネホ氏:南米最大級ワイナリーのセラー管理者(2016年4月「ガーディアン」掲載記事訳)

パトリシオ・コルネホ氏:南米最大級ワイナリーのセラー管理者(2016年4月「ガーディアン」掲載記事訳)

コノスルのセラー管理責任者、パトリシオ・コルネホ氏へのインタビュー記事です。18歳でコノスルへやってきた彼は、当時はワインのことを全く知りませんでした。

チリの収穫期:夢が現実になる時(2016年4月「ガーディアン」掲載記事訳)

チリの収穫期:夢が現実になる時(2016年4月「ガーディアン」掲載記事訳)

今年もチリでは葡萄の収穫作業が始まりました。コノスルのワインメーカーたちにとっては、シャツの袖をまくって次のヴィンテージに向けた準備を始める時が来たということでもあります。


no family trees, no dusty bottles, just quality wine