コノスル



ニュース/コラム

Home > ニュース/コラム > ニュース > 『Wine Advocate』誌で、「シレンシオ」カベルネ・ソーヴィ…

『Wine Advocate』誌で、「シレンシオ」カベルネ・ソーヴィニヨン2011年が93点を獲得!!

2016年2月26日

コノスルのフラッグシップワインのひとつ、「シレンシオ」カベルネ・ソーヴィニヨンの2011年ヴィンテージが『Wine Advocate』誌で93点を獲得しました。チリのワインガイド『Descorchados』誌での史上最高得点(98点)獲得に続いての、高得点獲得となりました。

2011年はこの地域のカベルネ・ソーヴィニヨンにとって非常に良いヴィンテージで、シレンシオ用の葡萄が栽培されているピルケ・ヴィエホ葡萄園でも葡萄が「非常に良い状態に熟した」と述べられています。

2011 was a very good vintage for Cabernet in the zone, and this old Pirque Viejo vineyards attained very good ripeness; they also did a super selection of both grapes and barrels to create this cuvée. Dark, concentrated and powerful, it is still a little oaky and might need some more time in bottle, as the oak used was new. It has aromas of ripe fruit; the winemaker Adolfo mentioned tutti-frutti and even banana. I’d say a little exotic, showy, aromatic and hedonistic, with ripe cherries and notes of tobacco and graphite. Stylistically, this is different from the other wines from Cono Sur, with more tannins and extraction — so more for the fans of the style. An XL Maipo Cabernet.


no family trees, no dusty bottles, just quality wine