Thanks to Japanese Tea Sets コノスル日本語公式サイト

コノスル



ワイン×料理マリアージュ

Home > ワイン×料理マリアージュ > 前菜 > マチャ貝のパルメザンチーズ焼き

マチャ貝のパルメザンチーズ焼き

「マチャ貝」という楕円形の貝殻の二枚貝にパルメザンチーズをかけて焼いたもので、チリの代表的な料理です。現地では「マチャス・ア・ラ・パルメサーナ」と呼ばれています。

マチャ貝のパルメザンチーズ焼き

材料(2人分)

マチャ貝*     20個
コリアンダー    少々
白ワイン      25cc
生クリーム     大さじ1
バター       大さじ1/2
レモン汁      大さじ1/2
パルメザンチーズ  少々
塩         少々
白コショウ     少々

*ホッキ貝などで代用可

作り方

  1. オーブンを200℃に予熱する。
  2. マチャ貝の身を貝殻から取り外し、すすいで洗っておく。
  3. コリアンダーをみじん切りにする。マチャ貝以外の材料全てを、なめらかになるまで混ぜ合わせる。
  4. マチャ貝の貝殻に貝の身と3を適量載せ、オーブンで約7~8分ほど身がピンク色になるまで焼く。
  5. 4を貝殻から取り外し、器に盛り付けて完成。貝殻に載せたまま盛り付けてもOK。

この料理に合うワイン

「20バレル・リミテッド・エディション」ソーヴィニヨン・ブラン

「20バレル・リミテッド・エディション」ソーヴィニヨン・ブラン

シトラス系の香りと、しっかりしたボディをもつワインです。パルメザンチーズとマチャ貝、どちらとも相性抜群。料理とワイン、どちらか一方が目立ってしまうこともなく、完璧なマリアージュです。


no family trees, no dusty bottles, just quality wine