Thanks to Japanese Tea Sets コノスル日本語公式サイト

コノスル



コノスルについて

歴史

1993

設立初年度、30,000ケースを輸出。

1993
1996

チンバロンゴのサンタ・エリサ葡萄園を購入。300ha、平均樹齢は25年。

1996
1997

チリで初めてヴィオニエを植樹。

1997
1998

総合防除を実施。

1998
1999

ワールドクラスのワインを造ることを目指し、「ピノ・ノワール プロジェクト」を開始。

1999
2000

サンタ・エリサ葡萄園の40haの畑で、オーガニック農法のプログラムを開始。

2000
2001

競争の厳しいイギリス市場で最も売れたチリワインになる。

2001
2002

南米のワイナリーで初めてISO認証9001(品質)と14001(環境)を取得。

2002
2003

2003年、「オシオ」ピノ・ノワール発売。コノスル初のウルトラプレミアムワインであり、チリ初のウルトラプレミアム・ピノ・ノワール。またこの年、オーガニック認証を受けた葡萄を初めて収穫。

2003
2004

設立から10年、チリ産ワインの輸出において、金額ベースで4位、数量ベースで3位になる。

2004
2005

コルチャグア・ヴァレーにある187haの葡萄畑、ペラリージョのロス・ロマス葡萄園と、レイダに近い130haの葡萄畑、サン・アントニオ・ヴァレーのカンポ・リンド葡萄園を購入。プレミアムワインの生産用。

2005
2006

チンバロンゴのサンタ・エリサ葡萄園にある19世紀建設のマナー・ハウスを全面改修。ロス・ロマス葡萄園、カンポ・リンド葡萄園に植樹。

2006
2007

製品輸送時に排出した二酸化炭素を相殺する「カーボン・ニュートラル・デリバリー・ステータス」を、ワイナリーとして世界で初めて取得。チリ産の瓶詰ワインの輸出において、金額ベースで2位になる。

2007
2008

ワインの最大生産能力が390万リットルに拡大。プレミアム・ピノ・ノワールの為に特別にデザインされたワイナリーを建設。生産能力は39万6000リットル、13万リットルを熟成用に収容可能。新しいオフィスと研究所を建設。

2008
2009

サステナブル開発分野を新設。エントリーレベルのワインに軽量ボトルの使用を開始。二酸化炭素排出量を詳細に計算し、製造工程において排出する温室効果ガスの排出量を獲得。ISO14064認証の取得を申請。

2009
2010

アコンカグア・ヴァレーにある100haの葡萄畑、サン・フェリペのハウエルにあるエル・エンカント葡萄園を購入。
北南米初、世界で3番目に、CEMARSを通じてISO14064認証を取得。環境配慮におけるリーダーに名乗りをあげる。

2010
2012

BSCIの行動規の全ての要件に準拠した、南米で最初のワイナリーとなる。

2012
2013

イギリスの専門誌「ドリンクスインターナショナル」で、世界で最も称賛されるワインブランドの18位にランクイン。

2013
2014

ツールドフランス2014の、イギリスで開催された3つのオープニングステージにおいて、単独のワインスポンサーになる。イギリスの専門誌「ドリンクスインターナショナル」の世界で最も称賛されるワインブランドで2つ順位を上げ、16位にランクイン。

2014

no family trees, no dusty bottles, just quality wine